ビットコイン 証拠金についてドラクエに例えて解説してみる

砂漠の町

なんと!先日嬉しいことにビットコインについてお問い合わせのメールを頂きました。

今日は、そのお問い合わせの内容をもとにビットフライヤー
で考える証拠金についてドラクエに例えながら解説したいと思います。

なぜドラクエかって?

ガンダム世代にはとってもわかりやすいのだよ!

 

ロスカットはいつでも起こると思ってください。

 

~ Ýさんからのおたより ~

ビットフライヤーfxでの取り引きを考えております!

ブログも拝見致しました★

ただ素人ですのでわからないことばかりです。

是非教えてほしいと思い

メッセージした次第です!!

>メールありがとうございますー!最近各方面から、お便りとか取材とか届くようになってきてて「ブログすげー!」って思ってる次第です。

では早速質問いってみましょう!

たとえば、1ビット12万の時に

1ビット購入して10倍のレバレッジで

保有した時に、

いくらビットフライヤーに預けていれば

強制終了にならないのでしょうか?

これはそもそも考え方が違うのでしょうか??

ビットフライヤーに直接問い合わせても

相場変動があるから答えられないと回答されてしまいます、、

自分で勉強してもわからずでしたので、、

是非教えて下さい!

Ýさんありがとうございます。

以前からビットフライヤーは規模が大きい割にサポート体制はイマイチな感があります。が、

この質問の仕方だと、たしかに答えづらいというか一概に言えない。というのはありますね。

【質問の答え】

ロスカットされないようにすることは基本できないと思って良いです。大金を積んでもレバレッジをかければロスカットになりうる。

ただ、1億とか持っていて、ビットコインを2枚分とか運用資金に対してとても小さくすると1万、2万動いてもロスカットにはならないので

そのあたりの答えが難しいですね。

 

例えば、いまはビットコインの価格が10万~15万を行き来しているのですが、これが100万になるかもしれません。

レバレッジを10倍に設定していたら、このときは1000万以上ないとダメ。ということになります。

 

なので、いくら預けてもロスカットされるときはされる。と思ってください。

ロスカットになる前に自分の予想した価格で決済していくのが正しい方法ですね。

【具体例】

①正しい決済(自分で決める良い決済)

10万円のビットコインが12万円に上がると予想した。

このとき、予想に反して下落したら9万になった時点で決済すると決める。

②悪い決済(自分で決められない決済)

10万円のビットコインが12万円に上がると予想した。

このとき、予想に反して9万になっても「また12万に戻るだろう。」と放置する。

さらに7万まで下落してしまい、ロスカット。

ロスカットの基準。証拠金についてドラクエに例えてみる

砂漠の町

勇者の手持ちゴールドは500G。

洞窟を抜けてたどり着いた街には大きい老舗の武器屋があり、店内には「はがねのつるぎ」が置いてある。

価格は1000G

勇者は500Gをにぎりしめて、「この500Gでなんとかはがねのつるぎを買わせてください!」と頼む。

お店の主人はこう言った。

「売るのは無理だが、その手持ち500Gを預かって1週間なら貸してやるよ。」

ここまでが、レバレッジ2倍でビットコインを借りて売買するという行為です。

(500Gで1000Gのはがねのつるぎを買う)

本来は手持ち資金で買える価格ではないので、ビットコインを借りて取引することになります。

 

「だけどこのつるぎはさ。ちょっと変わった代物なんだ。」

「一週間後にこんぼうか、はやぶさの剣に変化しちまうんだよ。」

これがトレードです。

 

「1週間後にどちらになるのか予想してくれ。もし予想が外れてうちの店に返すときは、最低保証価格の100G以外は全部もらうぜ。

これが、証拠金でのロスカットです。最低保証価格が証拠金と考えてください。

 

レバレッジが高くなればなるほど、証拠金は少なくて済みますが、それはその分ロスカットされたら何も残らないということです。

ビットフライヤーでは、レバレッジ10倍もできますが5倍でも利益は残せます。

 

慣れないうちはなるべくレバレッジを低めで運用されることをお勧めします!

 

ビットコイン以外でも、ご相談やお問合せ大歓迎!

haskysheepdog@phenixtrade.topまでお気軽にご連絡ください。