ビットコイン ビットフライヤーで学ぶ【FXトレード画面操作編】

ビットコインで学ぶ FX操作画面

ビットフライヤーでFXトレードしてみよう!

 

こんにちは!ねぎまです。

この記事では実際にビットフライヤーでのトレード操作について説明していきたいと思います。

しっかりついてきてねー。

こちらがビットフライヤーのbitFlyerLighting のホーム画面。

ビットフライヤー公式ログイン画面左側のサイドバーからボタンを押して移動できます。

ビットコインFX操作画面

チャート画面

かんたんに画面説明します!

1チャート画面

ここに価格変動をグラフ化してチャート表示します。

2自分の注文状況

現在どんな注文を入れているのか表示されます。下から右側半分にかけては過去の取引履歴が表示されます。

3現在の取引板

ここで実際の売買模様を可視化してます。

バーの長さは取引枚数の多さです。

4注文入力フォーム

ここで注文します。指値、成り行き、特殊についてはまた説明します。

数量、価格、売りなのか?買いなのか?決めてボタンを押すと注文が入ります。

5チャットルーム・お知らせ

チャットルームでは参加者同士がツイッターのようにメッセージを送って交流しています。

一言二言の短いやり取りが多いです。

特に深く考えず、気軽にやりましょう。

番外編

右上の人のマークで、自分の資産状況を確認できます。

表示される項目は、

・現在の残高

・現在の損益

・証拠金維持率

などです。

色々売買をしながら、証拠金維持率がどのように変化するのかをみてください。

注文の仕方。指し値、成り行き、特殊注文

一番最初のデフォルト画面では常に指値にタブがあわさっています。

成り行きや特殊注文にしたいときは、タブを切り替えてから注文をかけてください。

注文入力フォーム

それじゃ、注文方法について解説します!

1指値

これは、指定した価格になったら売買しますよ。という注文方法。

なので、すぐに注文が確定しません。指定した価格にならなければずっと保留です。

たとえば、現在は100,000円だけど、101,000円になったら売りたい。もしくは買いたい。という時に使います。

入力フォームで購入したい枚数と、指定する価格を決めて「売り」「買い」どちらかのボタンを押します。

2成り行き

こちらは、どんな額でもいいから今すぐ注文をかけたい!という場合に使います。

こっちの場合には価格を指定しないので、市場の変動の波に沿って売買が成立します。

すぐ買えるけれど、価格変動が激しい時には意図した価格よりもズレて買ってしまうのでそこは注意してください。

3特殊注文(ストップ・ストップリミット注文)

この特殊注文はちょっと売買方法が複雑になりますが、かならず必要なのでトレードを始める前に覚えてくださいねぇ!

色々な注文・決済方法があるんですが、はじめのうちはストップリミット注文だけ覚えておけば大丈夫です。

ボクもほとんど、ストップリミット注文しかつかっていません。

FXトレードの基本的な考え方と、注文の流れ

FXトレードの基本は、ただ買う。売る。だけではなくて、利益や損失をあらかじめ決めておくことが重要です。

「損小利大」トータルで利益を大きく出して、損は小さく。これを目指すべきなので、特に損失については自分でコントロールしないといけません。

成り行きや指し値で、とりあえず買ったまま。だと、儲けも損失も価格が動くがままになってしまうんですね。

そこで、逆指し値という注文を加える必要があります。

逆指し値とは、損失があらかじめ決めていた額に達したとき、その逆指し値で損失を確定させる注文です。

損をする。というのはみんな嫌なので、うまくこの逆指し値を使えない人が多いんですが、これができないと稼げるトレーダーにはなりません。

損を確定することに慣れることで、それ以上の損失を防ぎます。

ストップリミット注文方法

このビットフライヤーでの、逆指し値注文はストップリミット注文にあたります。

ストップリミット画面

特殊注文を開いた画面です。

ここでも上に一覧表示されている、ストップリミットのボタンを押します。

数量を決めて、実際に決済する価格を「価格」の欄に入力します。

価格 =実際にこの金額で注文かけますよ。という価格

トリガー価格 = この注文が発動する価格

売りで、価格を100,000にして、トリガー価格を101,000円にした場合は、

101,000円までさがってきたら、100,000円のストップリミット注文の発注出しますよ。っていう設定です。

【具体例】

①成り行きで、105,000円で買い注文。

②そのあと同時にストップリミットの注文をかける。

逆指し値のかけ方

成り行きで注文をかけると、自分の注文板に表示されます。(ピンクの部分)

「BTCFX建て玉」というタブ内に自分の注文が出てきます。

ここをクリックすると注文画面が開くので、この開いた画面でストップリミット注文を設定してください。

まだ注文は出しているけれど、保留状態の注文は「注文」タブ内に表示されます。

この注文タブにストップリミットをかけた注文が表示されればOK!

あらかじめ想定した損失額になったら決済されます。

この設定をしておかないと、例えば世界情勢の変化で寝ている夜中の時間に大暴落が起こって大損した!

朝起きたら資金が0に!なんて大失敗は防げます。

いついかなるときもストップリミット注文をかけて損失を防げるか?

ここがFXトレード初心者からステップアップできるかの、第一関門になりますよ。

次回は、実際にチャートから分析して売り買いを判断するテクニックの部分をお話ししたいと思います!

>>【その5】ビットコイン ビットフライヤーで学ぶ【トレードテクニック編】 に続く