ビットコイン 時間足ごとの流れを読み取る

ビットコイン

時間軸チャートを組み合わせて考える

こんにちは!ねぎまです。

ビットコインFXのトレードについては、ビットコイン ビットフライヤーで学ぶ【トレードテクニック編】などで書いているのですが、他にも気を付けてみてほしいポイントがあります。

それがチャートごとの時間軸。

下の図ですが、

フラッグチャート

これは1時間分足のチャートです。

これだけ見てると、なんだか上に行きそうな感じかなぁ。とも思えます。

でも、次のチャートを見てください。

12時間足

こちらは、その12倍の12時間足。

1時間のほうで見ると、「あ、上がりそうかなぁー。」って思うんですが、12時間で見ると大きな下げのあとの収束にすぎないように見えます。

なので、上げそうなんじゃなくて下落してきた価格が元に戻らないまま、その値段で落ち着いてしまった。

ということは、価格上昇するパワーもなく再び下値を目指す可能性がまだ多く残されています。

 

こんな感じで全体の流れを見ながら、1時間以下の細かいチャートを見てトレードをしていくとトータルの負け回数がグッと少なくなります。

値動きを100%予測する事なんて不可能なので、やっぱりある程度勝ち負けの回数を重ねます。

それでも、全体の動きを見ながらトレードしていくことで負け額を少なく、利益を大きく。を目指すことが安定して利益を出すコツじゃないかと思ってます。

短い足ばかり見ていると踊らされちゃう

踊り

ビットフライヤーのチャットを見てると、ちょこちょこ5分とか10分みたいな短いチャートでトレードをしてる人がいますが、あれは間違いなくオススメできません。

なぜかというと、短いチャートはチャートパターンがあてにならないから。

急に上がったり、逆に下がったりするように見えるってことも多いから変なトレード癖がついちゃいます。

短くても個人的には30分、長くて8時間あたりをみるのがおすすめ。

中国問題がくすぶっているうちは急激な下落に注意して

中国政府の規制を受けていた?ビットコインの大暴落 の記事に書きましたが、昨年末からの右肩上がりチャート。それから年始の大暴落。

すべて中国の影響を受けていると言われています。

 

まだまだ完全に中国資本が撤退したわけじゃないから、しばらくガス抜きのような短いスパンでの大幅下落が今後もあると思います。

下落を警戒しながらストップリミットで細かくトレードしていきましょう。

 

まちがっても売買してホールドしっぱなし。は絶対ダメ。

たった1回の失敗ですべてを失ってしまいますよw

note有料記事配信

ビットコイントレード2月号㊙

noteでもっと詳しく解説してほしい方向けに月間マガジンを作りました。トレードした日には実践報告。政治背景なども含めて分析した結果を報告していきたいと思っています。

マガジン内では、メールアドレスも記載してありますのでそちらでご質問もできます。

よかったらぜひ!