ビットコイン ビットフライヤーで購入方法を学ぶ【FXのしくみ編】

ビットコインFXの仕組み

ビットフライヤーでビットコインFXしてみよう!

 

こんにちは!ねぎまです。

引き続きビットフライヤーでの購入方法についてですが、今回はこのシリーズの肝になるビットコインFXについて解説していきまーす。

FXってやり方をしっかり把握してないと、大きな損失を出すことが多いです。

すぐにトレードしたい!っていう気持ちをぐっとこらえて、基本を覚えちゃいましょう!

FXとはなんぞや?現物取引との違い

まず、現物取引とFX取引の違いについてかんたんに解説します。

現物取引っていうのは、市場価格でそのままビットコインを買う。っていう事ですね。

具体的には、市場価格が 1BTC = 10万円 だとしたら日本円の10万円を支払って1BTCを買う。ってこと。

※ビットコインはBTCと略されます。

そしてビットコインFXの場合、レバレッジ(てこの原理)を使って少ない金額でBTCを借りて取引します。

このレバレッジは取引所ごとに設定が違います。

ビットフライヤーではレバレッジは5倍まで。

てこの原理を使って、本来買えるビットコイン数の5倍まで買えますよ。という設定になっています。

わかりやすく言うと、儲かったときの利益は5倍ですが、損失も5倍になります。手数料も含めるともう少し多く損します。

FXトレードをする人は儲けばかりに目が行きがちなんですが、長く続けるには損失こそ意識しないといけないですね。

宝箱

FXの証拠金について頭に入れておこう

レバレッジをかけてFXトレードをするということは、本来買えないはずのビットコインを借りてきて取引します。

なので、現物取引とはちがった制約をうけることになるんですね。

現物取引の場合は、すべて自己資金でビットコインを買うから決済の判断も100%自分にあります。

好きなタイミングで売ったり買ったりして良いってこと。

FXトレードの場合は、自己資金を担保にして本来より多くのビットコインを借りて取引する仕組み。

このビットコインを借りた担保の金額が証拠金です。

証拠金分は自分の判断で動かせない金額。と覚えておいてください。

手持ち資金以上にビットコインを借りているので、損失が大きく出た時にはビットコインを借りた時の価格で返せなくなってしまいます。

だから取引所側で、「ここの価格まで損失が出たらうちが一方的に決済してしまいますよー!」という仕組みが証拠金不足のロスカットです。

具体的に基本の考え方を説明すると、

現物取引の場合 (1BTC=10万円とした場合)

100,000円で1ビットコインを購入。 → BTC価格が50,000円に減ってしまった。

= 100%自己出資なので、決済されない。(価格が戻るのを待つことができる)

FX取引の場合

50,000円で1ビットコインを購入 → BTC価格が50,000円に減ってしまった。

=手持ち資金分50,000円が0になりロスカット。強制決済される。

FXトレード

証拠金維持率について

取引所ごとに証拠金の維持ルールが設定されています。

証拠金をパーセンテージで示したものを証拠金維持率って言います。

ビットフライヤーでは、レバレッジ5倍という設定をしているので、証拠金は本来の価格の20%必要。

ビットコインの市場価格が10万円だとすると、2万円で1BTC借りた状態が証拠金維持率100%の状態です。

ビットフライヤーでのロスカットルールは、この証拠金維持率が80%を切ったら。となってます。

そうすると、2万円で1BTCを買って4000円分損失が出たら、ロスカットルールが適用されることになります。

現物取引なら、5000円でも、1万円でも損失が出ても所持していられます。ここがFXとのちがいのひとつですね。

このロスカットルールは即時適用されて決済されるのではなくて、だいたい翌日の何時まで。と決められています。

ビットフライヤーでは3銀行営業日まで。と比較的長く設定されてますね。

そこで、追加で入金するか(追証)。価格が戻って証拠金維持率が80%以上を回復した場合はロスカットルールは解消されます。

ビットコインFXは所持しているだけで毎日手数料がかかる

手数料がかかるビットコイン

ビットコインFXは最初に書いた通り、ビットコインを借りて取引しています。

なので、借りてるビットコインに対して毎日利息の支払いが発生するので注意。

買っても売っても1日あたり0.04%です。

10万円で1枚売買していたら、1日あたり40円ですね。

しばらく放置してた後に、決済したら儲けがずれてる!?ってときは、この日あたり利息で相殺されてます。

前回書いた入出金の手数料も含めて、ちょこちょこかかりますので頭に入れておいてください。

【まとめ】

ビットコインの現物取引とFX取引の仕組みと違いを解説させていただきました。

さいしょはややこしくて、よくわからないかもしれません。

ボクも最初はわからなかったです。

実際に少ない金額でやってみて、ロスカットされたりすると仕組みがわかるかもしれません。

超重要なポイントとして言っておくと、

「ロスカットや追証を度々やってしまうトレーダーは安定して稼ぎ続けることはできない」

というのは覚えておいてください。

自分で損失を確定できず、ずるずるいってしまって最後にはシステムに決断してもらうってことですから。

全て自分でコントロールしてこそ継続した取引ができるようになります。

万が一ロスカットルールが発動するようなら、一度自分のトレードを振り返ってみる。というのが大切です。

少しずつゆっくりでいいので、とにかく稼ぐことより、続ける事を大事にしてくださいね。

続けてれば、利益はおのずとついてきますよ!

【その4】ビットコイン ビットフライヤーで学ぶ【FXトレード画面操作編】 に続く