コーヒーは焙煎が最高! ミルの選び方

コーヒーミルの選び方

コーヒー豆は砕いた瞬間。挽きたてこそが最高においしい!

コーヒー豆は焙煎した後、どんなコーヒーを飲みたいかで豆の挽き方が変わってきます。

お店で独自の挽き具合を研究し、ミルで好みの大きさに豆を細かく砕きます。

外出先では、お店で手軽に飲むことができますがどうせなら自宅でもおいしいコーヒーを飲みたいですよね!

初心者でもお店で飲むようなおいしいコーヒーを作るためには、コーヒー豆をコーヒーショップで買ってきて、自分で挽くのが一番だと思います。

自宅で飲むインスタントのコーヒーより、お店で飲むコーヒーのほうが断然おいしいのは、

「挽きたての豆からコーヒーを抽出しているから」です。

一度豆を砕いてしまうと、香りが抜けて(コーヒー豆の良いにおいがするのは、この香りが抜けてあたりに漂うから。)

酸化して、豆が痛んでくるのも早いです。1日放置とかしようものなら、もう全然味が変ってしまう。

インスタントコーヒーやパッケージの粉状にすでに挽かれたコーヒーは、香りや酸化が進んでしまうので、やっぱりどうしても味の質は落ちますね。

なので、最高においしいコーヒーを目指すには、まず自宅にミルを用意すること。これにつきます。

経済的にみても、お店で買うコーヒーは1杯100円から高いところだと300円以上します。

でも、自宅でミルを使ってコーヒー豆を挽いて飲むと、なんとスぺシャリティなグレードの高い豆でも1杯50円くらいから。

安い豆だと20、30円くらい。めちゃくちゃお得ですよね!

おいしくてお得なんですから、コーヒー好きなら絶対コーヒーを作るための一連の道具は持っておいたほうが良いです。

コーヒー豆を挽くミルの種類

①手回しミル

臼歯とよばれる円錐形の刃で豆を挽いていきます。豆が砕けるコリコリッという音が癖になる。。。

でも、1、2杯飲むたびに挽かないといけないのと、均一に挽くのが初心者では難しい。ただ経済的には一番安上がりです

②プロペラ式電動ミル

プロペラの刃が豆を細かく砕いていきます。細かい挽き具合の調整は挽く時間で自分で調整するというのが、面白くも難しい。

電動ですが、構造が単純なので初心者でもとっても扱いやすいです。ボクはプロペラ電動式ミルを愛用してます。

③コニカル式電動ミル

どれも1万円~2万円するのでどちらかというと高価なミルです。特徴は粗挽きから極細挽きまで調整可能なこと。

豆を細かく砕くと、エキスがたくさん抽出されるので濃厚なコーヒーになります。エスプレッソが自宅で飲みたい方はこのタイプがおすすめ。

④フラット式電動ミル

平面上の2枚の刃で粗挽きから、極粗挽きまで調整できる。業務用を家庭でも使えるように仕様変更したもの。価格も2万円以上となかなか高価。ただいつかはボクもこれを持ちたいです。。笑 ああ・・フラット式。

この4タイプのうち、個人的には愛用している電動ミルをお勧めします。価格が3000円程度とお財布に優しくて、豆の挽き具合の調整が時間調整という面白さ。失敗したり成功したりするのがあえていいんです。

そこで、挽き具合の味の変化が見れるから。

お金に余裕があれば、フラット式で調整したほうが味が安定するので良いですね!

コーヒーに関連する記事