新豆 グァテマラレタナレッドブルボンを飲んでみる

グァテマラレタナレッドブルボン

新しい豆を早速試してみる。グァテマラレタナレッドブルボン

こんにちは。長島です。

久々にコーヒーの新豆をゲット! その名も「グアテマラレタナレッドブルボン」

あ、ちなみにコーヒー豆というのは、地名や農園名、品種などの情報が組み合わさって名付けられているので基本長いです。

この豆の場合は グァテマラのレタナ農園でとれたレッドブルボンという品種。ですな。

グァテマラレタナレッドブルボン

ロースト具合がいい感じ。ボクは苦みの強い深煎りコーヒーが好きなんですが、今回は少しさわやかな豆を試してみたくて

スタッフさんに「ンゴロンゴロとカッシャンブーとはもう少し違った豆を試したいんですけど。。」と尋ねてみた。

※ンゴロンゴロ、カッシャンブーも地名に基づいたコーヒー豆です。コクと苦みのはっきりしたインパクトのある豆ですよー。

「それならこちらなんてどうですか!?」と、おすすめ頂いたのがこの「グアテマラレタナレッドブルボン」

この豆を好む人は多いみたいで、色々調べると結構な数の喫茶店でも使用されているみたい。

香りはフルーティというかスパイス系かな、いかにもコーヒー!っていうにおいとはまったく別の感じがしますね。見た目は似た豆でも風味や味が全くちがうのがコーヒーの奥深いところです。

さっそく自宅でゴリゴリして飲んでみた。

コーヒーテイスト

愛用のスヌーピーミュージアムマグです。

実はこのお写真はすでに2杯目なので少なめです。 笑

焙煎した豆は「木の香り」、挽いて飲んでみるとほのかに甘みのある爽やかな味わいですね。

コクがあるのに後味がスッとさわやかです。苦みのあるチョコレートのような味も通り過ぎていきます。

この味は、コンビニやスーパーに売っているようなコーヒーとは全く別物です。飲みやすくて毎日のように飲む人はいいかもしれない。

まぁボクも軽く2杯目に行っているわけなのでおいしいのは間違いないです。

ふわっと、最後に甘さが通り抜けるからボクなんかは添えるデザートなどなくてもこれ一杯で幸せを感じれちゃいますね!

コーヒーのフレーバーって実はとっても多彩なんです。

コーヒーってコンビニや缶コーヒーで飲んでいるだけだと、似たような味ばかりなので違いはあまりわからないと思います。

でも実は、豆から選ぶと全然味が違うんですよ。ホント別の飲み物くらいに違います。

ざっくり分けるとこんな感じ。

・チョコレートの風味

ビターチョコ、普通のチョコ、ミルクチョコなど濃さと甘さでも違いが出る。

・アーモンドの風味

アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツ系。「あ、ナッツ系」ってわかるくらい後味でますよ。

・フルーツの風味

レモンやオレンジ、はてはリンゴやパイナップルっぽい味がするものもあります。

・スパイスの風味

シナモンなどの調味料系香辛料の後味がするものも。

この味に加えてローストした風味の違いやコーヒーの淹れ方でも味が変わるので無数に変化するんですよ。これがほんとに奥が深くて面白い。

更に奥深くを探求しようとすると、それぞれの豆をオリジナルで配合した「ブレンド豆」を作り出しちゃう人もいます。

喫茶店などでは独自の配合をしたオリジナルのブレンド豆をお店の看板として定番コーヒーに使っていると事が多いですね。

色んな豆を飲んでいると、もう喫茶店ごとに良しあしがはっきりわかってしまいますよ。。。

「あ、ここコーヒー安いけど、豆ケチってて薄いな。。」みたいなね 笑

【グァテマラレタナレッドブルボン】

甘み★★★☆☆

酸味★☆☆☆☆

苦み★★☆☆☆

香り★★★☆☆

コク★★★★★

甘みがほのかにチョコレート系。すっきりとしていて、それでいてコクは深い。のみやすくて飽きない味かもしれない。

※☆評価はあくまで、ねぎまの個人的感想です。豆購入時の参考にしてください。

 

コーヒーに関連する記事