自営業を始めるコツ コンセプトを決める

コンセプト

事業を始めるときに大事なことのひとつがコンセプト。

「全体の概念」という意味ですが、事業全体の軸を決めることは凄く重要です。

 

自分の会社はどうあるべきなのか?軸がないとあっちこっちといろんな情報に惑わされて、失敗します。

自分の考え方に一本筋を通しておくのはとても大切。その柱になるのがコンセプトです。

 

昨日、経営者の先輩方にお会いしてコンセプトの在り方について教えて頂きました。

ボクも勉強になったので、記事にしておきたいと思います。

 

 

 

コンセプトは誰かの悩みを解決するところから考える

 

ボクもそうだったんですが、脱サラして経営者になるときはまず稼ぐことを第一優先に考えます。

お金を稼ぐという視点から入ると、どうしてもコンセプトを見失ってしまうんですよね。

 

稼ぎ続けるためには、やっぱり誰かのために役に立つこと。社会に貢献し続けることが重要になってきます。

逆を言えば、ブームに乗っかったような突発的なトレンドは必ず衰退すると断言できます。

あと、「たった1日数分の作業で~」みたいなのは絶対やらないでくださいね!笑

お金を100%ドブに捨てるだけです。

 

もう一度言うと、

  • 誰かの役に立つこと
  • 社会に貢献すること

 

ここを起点にご自身の商売について考えてみてください。

ただ稼ぐだけ。の商売はいずれ淘汰されていきます。下手をすると日の目さえ見れないかもしれないですよ。

 

コンセプトの具体例 種を探してみる

たとえばボクの場合は、「いらないものを買取します!」っていうフレーズが一番最初にきます。

単純に儲けることだけしか考えていないと、ここで止まっちゃうんですね。

 

自分の仕事を通して、誰かの役に立つシーンや社会に貢献するシーンを考えてみます。

いきなりコンセプトを掲げるのではなくて、コンセプトになりそうな種を探してみます。

 

①個人の方の買取現場では、特に安心が重視されていたこと

リサイクルの買取や回収している訪問業者って悪質なところがまだまだ多いんですよ。

特にイメージが悪いのが、電話営業掛けてくる業者。

・1点でもいいから買取させてください。と言って、余計なものまで持っていく悪質業者。

・1点でもいいから買取させてください。と言って、1点も買い取れない業者。

 

そういう業者が多い中で、信頼して頂くことがうちの業種では必須です。

ボクのコンセプトの種の一つ目は「信頼と笑顔」でしょうか。

 

②ゴミの量を減らして、価値あるものを市場に戻すフィルター

ゴミ回収業者だけだと、ほんとに「全部ゴミ」として廃棄されてしまいます。

良いものも悪いものも一緒に捨てられてしまうのは、もったいないですよね。

 

良いものは残り。悪いものは捨てる。

このサイクルが整ってくれば、本来は高くて買えないような商品も中古品だから安価で買えるようになるメリットがあります。

2つめのコンセプトの種は「日本のゴミを減らす」。社会貢献ですね!

コンセプト

コンセプトの種をたくさん作ってベスト1を作る

具体的にボクの例で2つ挙げましたがみなさんはどうでしょうか?

こういったことは経営者だけでなくて、サラリーマンやOLの方でも応用できます。

自分の仕事は誰の役に立っているのか?振り返ってみる良い機会になるかもしれないですね。

 

コンセプトの種をたくさん思い浮かべてみて、その中でも特に重要なことを自分の会社の旗印にしましょう。

しっかりとしたコンセプトは、その会社の文化になります。社風とも言えるかもしれません。

 

文化、社風がしっかりしている会社は世間の流れに右往左往しない強い会社だと思います。

自営業を始めるときは、まず儲けることと同時にコンセプトも考えてみてくださいね。