電通の労働改善5時間だけ?まさに労働発展途上国 日本

電通の労働改善義務

形式上少し改善されただけで、実態は何も変わらない企業

先日の痛ましい事件があっても、どれだけ多くの人が犠牲になっても古い体質は変わらない。

2016年10月 20代の女性電通社員が月間残業時間を100時間超の勤務を続け、過労の上で自殺した。

結果、

2. 現行では、最長で法定外月間50時間(所定外月間70時間)を上限に設定している三六協定の上限を、現行の労使協定の改定に合意するまで、最長で法定外月間45時間(所定外月間65時間)に引き下げる運用を開始する。

電通 三六協定の改定 10月17日 ヤフーニュースより

これわかりますか? たったの5時間だけです。

「うちは犠牲者出たけど、まぁ変わんないけどね。」って言っているようにしか見えません。

100時間超でずっと労働を強いるような企業が規定を5時間短縮したら新たに出るかもしれない犠牲者を救えるんでしょうか?

すでに協定なんかないも同然の仕事量を下されていたのに。。

就職に困ってる人はとりあえずブログ書こう!ブログは資産です。 に書いたように、こういう事件を見ても企業に変化を求めるのは不可能だということがとてもよくわかります。

自分の素直な意思に従おう。疲れたら休めばいいし、やめたければやめればいい

お金がない?いいじゃないですか?ないなりの生活で。

世間体?そんな煮ても焼いても食えないものに自分の命をささげるんですか?

親が~。。親と子なんて住む時代が違います。飯を食わせて育ててくれただけで十分ありがたい。でも生き方を強制される筋合いはたとえ親でもありません。

一番大切なのはあなたの命と生き方。守れるのは自分だけです。だから自由に考えて自由に行動していいんですよ。

自分しか守れないのに、その自分が正しい判断をできなくなってどうするんですか?

そして、そうさせる会社なんて喜んで辞表を出しましょう!働かせてくれるだけで感謝なんて、微塵も思わないです。

これからは個人が企業を追い抜いていく時代。ボクはそう確信しています。だからこれを読んでくれるあなたには自信をもって生きてほしい。

過労死は殺人であり、じわじわ殺されようとしているのを座って黙って待っていたらいけません。

あなたの才能を花開かせるステージは必ず他にたくさんあって、失敗を恐れず進んでいけば必ず実を結びます。

言い換えれば変化しない企業に期待していても仕方ないし、厳しいことかもしれないけれど、あなたも束縛から放たれる行動を起こさないといけません。

労働発展途上国 日本 ボクにはこの記事を書いていてそんなフレーズが浮かんできました。

ここまで働いて消耗していくのは、世界有数だと思います。

企業の変化を待っていても、変わりません。行動を起こして自分の身を守りましょう。あとはなんとでもなります。