人生・仕事・お金 何のために生きているのかを考える

何のために生きているのか

ふと思うこと。自分の現在と、再確認

仕事や趣味、家族と過ごす時間。

その合間のふとしたときに、「俺は何のために生きてるんだろうなぁ。」と思うことがあります。

これからも歩き続けていくための、自分の再確認という意味で。

もうすでに38年も人生を過ごしてきたんですが、ときどきこうして自分のやってきたことを振り返ると、

絶対ここはブレない。というボクの人生の最重要ポイントがあります。

それは 「行動し続けること。」

いつも頭で色々なことを振り返るんですが、結果として行動し続けたものに関しては嬉しい結果になることが多いです。

逆に行動まで行きつかなかったもの。思っただけで終わったものは「ただの時間のムダ」だったように感じています。

ボクはあくまで動き続けることが重要なんであって、結果はそのあとです。

動き回ってわかったことは、

失敗することがほとんどで、大半のことは間違えるし、加えて「これはやっててよかった!」って思えるのにはとても長い時間が経たないとわからない事ですね。

でも、やり続けたことには徐々に良い方向に進んでいきます。やっている途中は後悔とか、反省がすごく多いですけどね 笑

不思議と進み続けるボクに賛同してくれる気の合う仲間ができたり、辛いことでも一緒に乗り越えていける家族関係を作れたり、

でこぼこしながらすすんでいく。

お金について考えてみたけれど、手に入るお金は「どれだけ濃い歩き方をしたかどうかの違い」

サイコロを振って、1がでたら1億円もらえるところに本当に1が出ちゃう人もいるけれど、2から6のほうが数が多い。

それでいて、人生はサイコロを振り続ける。1回だけじゃない。だからもし、1が出て1億円もらっても何もできなかった人は

人生が終わるころには何にも残ってないと思う。

お金はなにかをするためのきっかけでしかない。だから、お金を貯める事はさして大切じゃない。

大切なのは、お金を使ってどれだけ濃い人生のきっかけを作るか。

・健康的な体づくりをする。 

まさにこれは今ボクがやっていること。いつかは病気で死ぬかもしれないけれど、足腰弱って動けない老後数十年なんてめちゃくちゃもったいない。

どうせなら、はつらつと趣味や仕事に、生き方に、老いてもなお人生を楽しむための今から貯めてる健康の貯金。貯めるのは決してお金じゃない。

・お金がなくても楽しめるところからスタートする

人にやりたくもない仕事をやらされる人生なんて、生きながら死んでる。それで30年も40年も過ごしたらと思うとぞっとする。

もちろん時には大変なこともたくさんある。でも、自分で決めたことをやり抜きたい。

でも、何で仕事するの?って聞かれたら、お金を稼ぐため。ってなる。

お金を使う前提でスタートしているから、おかしくなっちゃうんだな。と今はそう思ってます。

みんな最初のスタート地点が、親が頑張って不自由のない暮らしを作ってくれちゃってるから、そこが基準だと思ってる。

でも、そこはかなり上の位置。

何にもできない自分は、風呂なしボロアパートとかで地方で3万円くらいで住むレベルが適正って今は思ってる。

そこからスタートすると、バイトでも暮らしていけるから「自分のやりたいこと」をしっかり見つめられると思う。

やりたいことを見つけたら、それを一生懸命やる。それでお金がもらえる立場になったら、改めてもう少し良い暮らしをすればいい。

全部なんにもなくて、自分体一つだけど好きでいてくれるパートナーとかできたなら何が起こってもついてきてくれるんじゃないかな。

こういうことってつまり世間から見たら苦労だけど、自分で選んでそうしてるなら全然楽しい

自分で決めたことは楽しい。

だって、やってみて楽しくなかったらやめればいいから。

だけど、ひとからやらされてることは簡単にやめられない。その人が「やめていいよ」って言わなきゃやめられないから。

自分で決める。ということこそが行動することのスタート。

もちろん失敗しまくるし、間違いまくる。でも必ずそれはプラスになるから安心して。ボクもそうだったから。