引っ越しを見積もる前に!費用が安いヤマト便がおすすめ

引っ越しならヤマト便

引っ越し 条件が合うなら絶対安い!クロネコヤマトのヤマト便

みなさんこんにちは。長島です。

だれでも一度は引っ越しありますよね。で、引っ越しするときの物量にもよりますが高い。

特に家族の引っ越しになると10万超えるなんてこともザラ。

引っ越し料金をなるべく安く済ませたい!っていう方はかなり多いと思いんじゃないかな。

新しい賃貸などに引っ越す場合は、賃貸の費用もかなりかかるし大きな出費です。

今回は少しでも負担を減らしたい!そんな方に読んでほしい記事です。

引っ越し業者だけでなく宅配業者も調べてみよう

インターネット上で、安い引っ越し業者を探している方も多いようです。

でも、だいたい似たような料金じゃありません?

ネットで誰でも検索できるようになった結果、どこの業者がいくらかすぐわかるから

各引っ越し業者、値段を合わせてきています。

なので、ここはちょっと視点を変えてみてください。

引っ越し業者でなくても送れるものは宅配で出来ないか?荷物を確認です!

 

クロネコヤマトのヤマト便 サービス概要とオススメ話

ボクも今頻繁に使っていて、お世話になっているのがヤマト運輸のヤマト便です。

ヤマト便はどういうものかというと、通常の宅配業務の空いたところにヤマト便の荷物を入れます。

一言で言うと配送ついでの配送。安いですよー。宅急便の料金の半額とか。(物量によります)

だから、宅急便と違って保険にも入っていません。ヤマト便料金とは別に保険料を払うシステムになってます。

でも、保険料自体は格安だから入っておいたほうがいい。

他、安いから。のデメリットも下記に記します。

ヤマト便は宅急便とココが違う

【ヤマト便 前提条件】

・荷物は段ボールサイズ160以上でないとサービス自体が使えません。

・着地側は1か所のみです。分散して色々な場所に着けるのは不可。

・時間指定はできません。(日程は調整可)

 

ここで特に覚えてほしいのは、160サイズ以上というのはダンボール1箱じゃなくってもいい。

100サイズダンボール3個。とかでもいいわけです。

だから、100サイズの3箱を宅急便で送るよりヤマト便のほうが条件さえ合えばお得。

例えば、ボクの住んでる埼玉から福島県に100サイズダンボールを配送すると1188円 × 3 = 3,564 円

これがヤマト便だと1,512円になります。

ヤマト便の料金表はこちら

ヤマト便の計算方式は容積重量か実重量の重いほう。容積重量の計算方法

ヤマト便は容積重量で計算します。

1箱は(メートル)×(メートル)×(メートル)×280 = 容積重量。

わかりやすくすると、3辺合計が約100サイズの箱が、縦・横・高さそれぞれ33センチだとします。

上の式にあてはめると、0.33×0.33×0.33×280 =10キロ

センチをメートルに直すので、小数点になります。

この箱が3箱なので、30キロと見て上の料金表にあてはめます。

実際の重さとこの容積重量を比べて、高いほうの料金を算出するんですねー。

日時指定ができないので、急ぎで必要のないものをお願いしよう。

引っ越しってことを考えると、日時指定ができないのがネックかもしれないですね。

ただ、ここは応相談って感じです。

時期によってはヤマトさんと相談することで、日程だけは指定でお願いするなんてこともできるかもしれません。

 

引っ越し荷物

ボクはこんな感じでがっつりたくさんの段ボール箱でおねがいしてます。

 

【まとめ】

引っ越し業者にすべての荷物を丸投げすると高くついてしまうので、

・宅急便でも不便のないもの。引っ越した後につけても良いもの

こういうものは、ヤマト便にしちゃいましょう。

運ぶ全体の量が少なくなれば、引っ越しの料金もだいぶ安くなるはず。

引っ越す場所が近いのであれば、

・クロネコヤマト家財宅急便

・クロネコヤマトヤマト便

・それ以外は自家用車で運ぶ

なんて合わせ技も可能です。クロネコヤマトは各種サービスが行き届いているので、引っ越しを考えてる方は使えるサービスがないか

一度確認してみてください。その中でもヤマト便は特に使えるサービスですよ。