悲観と楽観もいいけど、脳トレもいいよ!

脳トレのすすめ

悲観も楽観も楽な選択肢。惑わされずに考えて切り抜けろ!

こんにちは。長島です。

今日は、人生を生き抜く為の、もしくはビジネス社会を勝ち抜くためのヒント。

まだまだ年齢は40代手前ですが、ボクの経験から学んだことを是非たくさんの人に知ってもらいたい!

ってことで、「これは間違いないな!」っていうより良く生きるためのコツを伝授しちゃいます。

ボクが自分で身をもって実践していることなので、もし「あ、これはできてないなぁ・・」というものがあったらやってみてくださいね。

マジオススメです!

今を悲観しても何も良いものは生まれない現実。

あなたはこんな考えに陥った事ありませんか?

「あ~・・。人付き合いもうまくいかないし辛いなぁ」

「やってることの成果がなかなかでなくて、もうやめちゃおうか・・」

「お金がない。スキルもない。ないないづくしでどうしよう」

今を悲しんだところで、何も変わらないし良いことは一つもないです。たぶん気分落ち込むだけ。

目標を考えてそれに向かって突き進もうとしたとき、できない理由を探すのはプロフェッショナルじゃないですか?ぽんぽんと10個くらい見つかる。

でもどうやったらできるかは見つからない。思い浮かばない。

こんな方は、すっかり負けパターンを体で覚えてしみついてしまってる。最初から負けると思って取り組んで、その通り負けることほど意味のないものはないですよね?

まずやろうとしている内容よりも、考え方を根本から見直す癖をつけるほうが先です。

具体的なやり方・目標設定・手順というのは、病院でお医者さんに行って薬を出してもらったり絆創膏を貼ったりする対処療法。

本当に必要なのは体を鍛えて、食事に気を配って健康体を保つこと。ここを間違っちゃあいけない。

病気になってから、どうしようかと症状に応じた対応法を考えるんじゃなくて、体を健康に保つことのほうが重要なんです。

今できない事より、今できることを考えよう

悲観的な考え方にならないようにするためには、小さいことでも何でもいいので「できる理由」を見つけるクセをつけてください。

・紙がない!はさみがない!ペンがない! 代用できるものがないか考える。むしろ使わなくても良い方法を考える

・明日は大雪になりそうだ。会社どうしよう・・。 状況に応じて前日に会社近くに前泊してしまう。

・給料少なくて、毎月厳しいなぁ・・。 お金が必要ない生活をする。会社に依存するのをやめる。自分で稼ぐ。

・会社の人間関係がやばい 相手に合わせてないで、自分がガラッと変わったほうがよっぽど楽。きびきび挨拶、元気よく。いつも笑顔。ダメならそんな会社辞めちまえ!

・私って色々嫌なこと多すぎ。 自分のことばかり考えてないて、周りのために何ができるか考える。周りが幸せになってそれを見て自分も幸せになれることってすごく多いよ。

楽観なのは、ただ考えることの放棄。しっかり細かいところまでチェックしよう

まぁいいかー。って考え方が多い人。これも悲観的なのとおなじくらい治さないといけないクセです。

楽観的なのは自分にとっても周りにとっても楽ちんですが、いざという時に何にも対応できないことがほとんど。

・いざ出発するときにあれがないこれがない・・・ 出発する前の準備不足。しっかり必要なものをチェックしていない。

・飲みに行ってお金使って「まぁいいや!」 一か月になにがどれだけ、どのくらい必要なのか計算できておらず月末苦しむ。ひどい人は給料日あとの数日で困窮する。

・会社で必要な書類やメールがどこにいったかわからない その時必要でなくても、先に整理しておく。日頃のちょっとしたチェックなら負担もない。

・お住いの周り近所の方と挨拶しない。特になにも交流していない いざ助けてほしいときにお願いできない。

こういったことも悲観することと同じなんですが、この2つの考え方って行動することを放棄した時の自分への納得のさせ方なんですよね。

帰結する落ち着けどころというか。

できる為に何をすべきか?したいことをするためには何が必要か?を考える

いつも解決法を見つけるクセをつけるのが、いちばんかんたんで手っ取り早い「脳の筋トレ」です。

・人付き合いが苦手。 克服したいと思っている自分がいるなら積極的に会ってみる。

・お金がない お金を作る方法を日ごろから模索する。※でも、マネーに関して楽な考えは大抵ダメなのでじっくり考えてくださいね。そこをついた業者など多いから。

・コンプレックスをなくしたい 隠すのではなくてさらけ出せばいいんです。永遠に耐えるよりもずっと楽ですし、前向き。そして自分が思っているよりも同じ悩みを抱える人たちが共感してくれたり、さらけだすことで解決方法に気づくことがあります。

いつも「どうやったらできるかな」と考え続けることが大事で、これはすぐには身につきません。

ぼくらは日ごろから、周りにならえ、飛び出たことはしないほうがいい。というような育て方をされている為、長い期間「脳トレ」をし続けることが必要です。

クリエイティブで、前向きで元気な人、エッジのきいた面白い人はいつも規則正しい道から外れ、最初は非難されても構わず突き進んできた人ばかり。

周りのあたりまえを覆すこと。周りがしているから無意識でそうしていること。

ひとひとつを脳トレして治していくことで、悲観的な自分。楽観的な自分をなおしていきましょう!