個人事業主の開業届 信頼の証と節税

開業届

自分で仕事を始める人は開業届を出しておこうよ

長島です。こんにちは!

いまさらながらですが、「これから自分の道を自分で作るために事業を起こしたい!」「フリーランスで頑張る!」みたいな人に向けて

開業届について書いておこうと思います。まず基礎のき からね

自分で仕事始めたんだけど、最初は何すればいいかな?って人はまず開業届を出しとけ! でまちがいないです。

サラリーマンのときは、特に何にも考えなくても税金に関しては会社が全部やってくれてました。でも独り立ちするとなると自分でやらないと

いけないです。税金は稼いでいるならしっかりと収めないと法律違反になるので、最悪脱税とかで懲役か罰金です。こわっ!

まぁみんな刑務所にはいきたくないんで、お金払って終わりなんですけども。

稼ぐことと同じくらい税金知識は大事!

仕事する人は税金についてはしっかり勉強しときましょうー。税理士に最初から丸投げっ!って人もかなりいるんですけど、ここだけの話、

税理士もしょぼい人いっぱいいますから。マジでこれ仕事してんの??ってひとまぁまぁの割合でいますよ。。

税理士探しのコツ。マジでしょぼい人いっぱいいるからきっちり探そ!

基本知識をもっておいたうえでお願いするのと、まったく丸投げするのは違います。

人生賭けてると思うんですが、税理士選びでも人生変わりますからね。イヤほんとに。

話は戻って開業届を出すと受けられるメリット

・青色申告ができるようになる

これがメインですねー。年間65万円分の利益まで控除してくれます。

※控除とは、65万円までは利益が出ても税金とられませんよー。って仕組みです。

何も申告してないと、年間20万円以上利益出たら雑所得で課税ですからねん。

・家族に対する給料を経費にできる。

妻がお手伝いをしてくれても、お給料を払って経費にできますからね。自分の家族にお金が回って、取られる税金が少なくなる。

これも良いメリットです。家族で経営予定とかの方はもうすぐにでも申請して!

・損失を3年間繰り越せる

創業の出だしは軌道に乗るまで不安定ですよね。1年目で赤字だったんだけど、2年目になったら仕事が軌道に乗って黒字になった。

みたいな場合は1年目の赤字分を2年目の黒字と相殺できちゃいます。

これが3年続けられるので、良いですよね。

・屋号を銀行口座に入れられる。

お店の名前を銀行口座に入れることができます。個人名義も必ず付きますけどね。

ボクだったら「〇〇商店 長島邦明」みたいな感じです。

ただ、これについては口座名が長くなってしまうので、良しあしですね。特にボクみたいに苗字と名前合わせて8文字とかつらい 笑

・そもそも銀行や市役所の手続きのときに開業届を求められる

各種必要な手続きで銀行や市役所を挟むときに何かと開業届の提出を求めれるんで、黙々と為替とか株で稼ぐとかそういう形態でなかればいずれ必ず必要になってきます。

あとサラリーマンというくくりから、個人事業主になるとまず社会的信用は0になります。クレジットカードはサラリーマンの時に先に作っておくのがオススメ!

事業主になったら、年会費がかかりますがアメリカンエキスプレスをボクは押しておきます。

アメックスはこういうところがいいんですよ。業界の雄pricelessであり続ける理由

アメックスは事業主に優しいですので開業間もなくても審査に通る可能性はあります。

開業届を出して、税金の優遇措置を受けて一気に上昇気流に乗ろう

何も届け出をしないで、そのままいってしまう人も中にはいるみたいなんですが、それを後で気づいてさかのぼって税金申告。

とかかなりの金額になります。どのみちやらないでも悪いことしかないんだから、すぐにやるべき。

開業届は事業を開始してから1か月以内に届け出ることになっています。

国税庁のリンクを貼っておくので、こちらと、あとは自分の事業所やお住いの税務署に聞いてみてください。

税務署ってなんかぼくらにとって悪いイメージしかないじゃないですか?機会があったら一回行ってみてください。職員さんたちが超親切で

細かくアドバイスをしてくれます。税務署員は親切対応!印象だけで決めつけるのは良くないですね 反省 笑

税務署は、お金がある人が収めないとめっちゃ怒りますが、お金がないときは正直に言うと減免措置やらなんやら色々教えてくれますよ。

これについてはまた機会があれば書いてみたいと思います!