携帯電話を大手キャリアからSIMフリーに変更する手順

simフリーへの変更

格安SIMで毎月の電話代が最大5000円以上浮きます。

みなさんこんばんは。長島です。

人生でお金の問題はつきないですが、やっぱり一番大変なのは毎月の固定費

各種光熱費、インターネット回線など、積もり積もって結構な金額になっている人も多いと思います。

そこで、今回は格安SIMケータイのご紹介。

【関連記事】格安SIMフリースマホ 9月よりLINEモバイルも参戦!

周りの友人や親せきなんかにも、思いっきりお勧めして話をするんですが「格安SIM」何それ?っていうひとがほとんど。

まだまだ認知度は低いようです。

格安SIMとはわかりやすくいうと、既存の通信ネットワークを借りて通信事業を展開するMVNO事業者の電話回線サービス。

(Mobile Virtual Network Operator)

回線を間借りして、契約する店舗もインターネット上と一部の家電量販店に受付がある程度。

なのでコストをグッと抑えることができ、大手キャリア携帯電話会社より大幅に安く料金を設定しています。

MVNO業者はいくつもあるんですが、だいたい1回線あたり1000円付近から。大手キャリアが6000円以上からなのに比べ、格段に安くなっています。

【格安SIM どの会社が良いのか比較検討する】

携帯電話本体にはSIMカードと呼ばれる通信端末情報データが入ったチップを搭載しています。

このカードを大手キャリアのものから、格安SIMに差し替えて設定するだけで切り替えができるので今持っている携帯電話を電話回線だけ変更することができるのが魅力です。

※通常は他のSIMカードはさせないようにロックされているため、契約を解除するなどの手続きが必要です

大手キャリアの違約金なんて怖くない!

切り替えをすることで、毎月3,4000円は浮きます。

大抵大の場合、大手キャリアは2年縛り、3年縛りと契約に簡単に契約解除できないような条件を盛り込んでおり、違約金を払わせられることも多いです。

違約金の額はほぼ1万円程度。

格安SIMに乗り換えて、3か月で元は取れます。どんどん大手キャリアを解約して移行していきましょう!

ボクはau回線から、mineoに乗り換えましたが毎月1万円支払っていたものが、1500円になりました。

おかげで現在は、スマホ1台、ipad1台、仕事用ケータイ1台 3つもっても一万円未満でとても助かっています。

大手キャリアと比べてのデメリットですが、

・通話し放題がないこと。

・通話品質が若干劣り、途切れることがあること。

この2点は頭に入れておいたほうが良いかなと思います。

でも、それを補って余りある安さ。どんどん加入者が増えれば、それに伴ってサービスも充実してくるでしょう。今後も格安SIMから目が離せません。

SIM変更する手順

①今使っている携帯電話会社に

そのままの番号を使いたいならMNPで移行手続き。

解約なら、そのまま解約申請をします。各大手キャリアのインターネットサイトから申し込みしましょう。

②次に希望するMVNO業者のサイトから、申し込みをします。MNPをした場合はここで移行番号などを入力して契約申し込みをしてください。

お得なキャンペーンをやっていることも多いですので、下記サイトも参考にしてください。

【格安SIM比較】

③申し込みが終わったら、自宅にSIMカードが郵送されてきます。説明書通りにSIMを差し替えるだけで電話回線の切り替えが完了します。

ちなみに、格安SIMの販売業者はデータ回線のみなら違約金などがないところもあるので、しっかり検討してみてくださいね。

間違いなくお財布の負担は軽くなります。