LINE@を使ってみる ライン@の設定から

ライン@設定

より多くの人とコミュニケーションをとれるようにLINE@を使ってみる

こんにちは。ねぎまです。

SNSでの集客では、それぞれのコミュニケーションツールの連携がめちゃくちゃ重要だとおもってます。

たくさんのひとに知ってもらうきっかけ作りにしたいわけですが、やっぱりラインしかやってない人だったり、ツイッターしかやってない人がいたり、フェイスブックだけとかの人もいる。

それぞれを連携させることで、より多くの人に見てもらうことができます。

※LINEに登録してからでないとLINE@が登録できませんのでご注意!

LINE@ってなんぞや?

ラインのように電話代わりにちょっとした会話ができたりしますが、加えてお店からの告知やキャンペーンのお知らせなんかもできるようになります。

電話で問い合わせするには、それほどの内容でもないけどちょっと聞いてみたいときなんかはいいかもですね。

そんなちょっとしたお問い合わせもできるようにすることができるのが、個人的にはメリットだなーと感じています。

ということで早速設定。

ライン@はapp storeからダウンロードできます。

LINE@の初期設定

出張買取

まずは名前と、ステータスメッセージの登録です。

名前については一度設定すると、24時間は変更できないので、よく考えて決めてください。っていうか3回くらいすでに変更してます 笑

お店の看板にもなるから迷っちゃうんですよね。

1:1トークには年齢認証が必要

1:1トーク

じつはこの1:1トーク。年齢認証をしないと使用できません。

そしてボクもそうだったんですが、格安SIMを使っている場合には年齢認証できないんです!これには頭抱えましたね。

しばらく設定した後はそのままにするしかなかったんですが、お客様とお話しすることもあると思うので、この機能は必須。

色々とインターネットで調べた結果、ありました。ラインの年齢認証する方法。

ラインモバイルを契約すればいいんです。あー、たすかった。


LINEモバイルも格安SIMに参戦!年齢認証もできるから

応答モードはパソコン画面から設定するととっても楽ちん

応答モード

こんな感じで、ライン@に登録してもらえたらご挨拶メッセージが自動で流れるようにもできます。

メッセージの登録をスマートフォンで入力すると、どうしてもやりづらい・・。

そんなときはパソコンからも設定ができますよ。

ラインアット画面

 

パソコン画面はいたってシンプル。

友達追加時あいさつ

ピンクで囲った「友だち追加時あいさつ」からメッセージを入力して設定できます。

我がフェニックストレードはまだライン@登録は0です 笑

しっかり仕事をこなして信頼をつけていきたいですね。