フリマアプリのメルカリで売ってみる!

フリマアプリのメルカリ

フリマアプリ「メルカリ」で不要品を処分しよう!

こんにちは。長島です。

学校では教えてくれないお金の稼ぎ方。今回はメルカリ編です。

まずはフリマアプリの概要をざっくりと

フリマアプリ。略さず言うとフリーマーケット型のアプリケーション。

スマートフォンやタブレット上で、登録して利用することで商品の写真を撮ってそのままポン!っと値段をつけて売ることができちゃう便利なアプリ。

実はフリーマーケット型アプリは特に目新しいものではなくて、いくつものアプリケーションがリリースされているんですよ。

全く同じようなシステムを採用しているアプリに「ラクマ」と呼ばれるアプリがあります。

このラクマは大手EC企業の楽天が運営しているアプリです。

ほとんど仕様が同じなのに、

ラクマのダウンロード数は公表されていませんが300万ダウンロード未満と言われています。

対してメルカリはその10倍の3000万ダウンロード!

テレビCMも盛んに流すようになり2016年現在では一番波に乗っているフリマアプリといって良いでしょう。

当然、出品する側としては購入希望者が多いほうが売れやすいですよね。なので、ボクはフリマアプリ初心者でもとっつきやすいメルカリをおすすめします。

メルカリは出品するときに値段を決める。ヤフオクとの違い

ヤフオクの場合はオークション開始時に幅広く価格を調整してからオークションを始められます。

対してメルカリはあらかじめ決まった価格で出品します。だからヤフオクと違って取引がとてもスピーディー。

購入する側のメリットが強く、格安で出品される掘り出し物も多いので、そこが人気のポイントです。

ではメルカリの出品方法を解説

1.会員登録

まずは新規会員登録からですが、パソコンからでも、スマートフォンやタブレットからでも登録できちゃいます。

こちらはパソコンでのメルカリトップページ。画面右上の新規会員登録からどうぞ。

スマートフォンやタブレットで使用したい方は画面中央のAppStore、もしくはグーグルプレイからダウンロードして登録します。

メルカリ会員登録

ちなみにフェイスブックを登録されている方はフェイスブックアカウントや、グーグルプラスのアカウントでも登録できますよ。

メルカリ会員登録2 メルカリ登録画面3

最後に個人情報となる住所や氏名等を入力して登録完了!早速取引を始められます。

2.出品してみよう!

ログイン画面の右下の大きな丸で囲まれた「出品」ボタンを押してみましょう。

出品画面に映ります。

メルカリ党則画面⑤

メルカリっていつも思うんだけど、画面の作りがいたってシンプル!

パソコンやスマートフォン。いろんなガジェットに対応しているのも、利用者が爆発的に増えている理由かもしれませんね。

3.出品時の項目について解説しまーす!

出品の時に出てくる各項目についての説明と、気を付けるべきポイントをアドバイス!

・出品画像

画像はドラッグ&ドロップで放り込めます。4枚まで掲載可能。

・商品名

わかりやすいタイトルをつけましょう。

NIKE エアフォース サイズ25センチ

などパッと見てわかるタイトルをつけておくと検索からも商品を探しやすくなります。

・商品説明

傷や汚れ、付属品の有無。商品の寸法など、具体的にイメージできるように情報をしっかり書いていきます。

情報に抜けがあると、トラブルのもとになります。

※ヤフオクと違って、メルカリはノークレーム・ノーリターンはできませんので返品率はヤフオクより高めです。

ヤフオクは出品者と落札者をジャッジしないので、ノークレーム・ノーリターンという流れが主流ですが、

メルカリの場合はトラブルがあったとき運営が対処方法を判断します。誠実な取引を心掛けないとアカウント停止などの処分もあるので

注意が必要です。

・カテゴリー

出品商品にあったカテゴリを選択してください。ぴったり当てはまらなくても大丈夫です。

・商品の状態

見た感じの商品の状態を選択してください。ここで、「目立った傷や汚れなし」としているのに傷があったりすると取引完了時の

評価が悪くなったりしますので気をつけてくださいね。

・配送料の負担

基本は送料込みのほうが売れやすいです。

着払いだと購入者はメルカリの支払い、配送代金の支払い、と2度手間になりますし、

返品時のトラブルでは出品者が受け取り拒否した場合、購入者側がお金を支払わなければならないなどデメリットが多いです。

なので、買う側が着払いを嫌がるので結果として着払いだと出品した商品が売れにくくなります。

ボクも購入する側の場合、配送が着払いだとそれだけで購入は控えますもん・・。

・発送までの日数

①1-2日で発送

②2-3日で発送

③4-7日で発送

3種類の期間から選びますが、③の4-7日は避けるのが無難。

購入者は数日で届くことをイメージして商品を買っていくので、「商品が届くまでに1週間もかかる」とかはあまりおすすめできません

・価格

ヤフオク・オークファンであらかじめ相場をチェック! オークションの落札相場ならオークファン登録

ヤフオクと違って送料込みにすることが多いので、配送料分上乗せして、更に気持ち高めの価格にしておきましょう。

メルカリで同じ商品がないか検索して、売れた商品の相場を見ておくのもオススメです。

安すぎる設定だとすぐに売れてしまって「もっと高く売れたのに!」なんてことにも・・。

メルカリでは取引が完了したあと販売価格10%の手数料がかかります。

この手数料分もしっかり頭に入れておいてください。

ーーーー

一通り入れたら、ざっと確認して大丈夫なら出品!

最初の出品はワクワク!ドキドキ!ハラハラ!ですね^^

4.売れた後の対応と注意事項

商品が購入されたあとの対応ですが、購入者によって様々です。

よくあるパターンの代表例は、

①コメントも何もない。

②よろしくお願いします^^など、一言添えてある。

③「〇日までに使いたいので、すぐに送ってください。」と一方的に指定してくる。

④記載住所と別のところに送ってくれ。とお願いされる。

⑤住所の記載が間違っている

5つのうち、困るのは下の3つのパターンですね。

対応が簡単な順に解説すると、

⑤は購入されたときに発送先住所が表示されるので、番地がちゃんとのっているか確認してください。

④は住所を確認して対応するかどうかは状況にもよりますが、ボクはしっかりと記載されていれば対応しています。

③が一番困りますよね。買ってからお願いするっていう、、。

このケースの場合は、無理に相手の都合に合わせなくてOKです。

「お支払いから〇日以内に発送。」と記載してあります。などして、丁重にお断りしましょう。

 

以上、メルカリの登録から出品後のケース別対応まで書いてみました~!

いらないものはじゃんじゃん売って断捨離もいいですよね。