サーバーの脆弱性が露見したビットフライヤー

ショック

ビットフライヤーに致命的な欠陥アリ

こんにちは。ねぎまです。

ボクがビットコインのトレードで愛用していたビットフライヤーでかなり致命的な脆弱性が露見しました。

てか!マジ最悪!っす・・・。orz

それは何かというと、

①値動きが荒いときにストップリミットがちゃんと約定しない

②メンテナンスやサーバーテストで激しく価格が乱高下すること。

③2の事象に対してしっかり事前にアナウンスしない事。

以前から早朝の時間帯にかけて通常の取引では起こり得ないような、暴騰・暴落は過去に何度かありました。

でも半年かけて改善されてない上にレバレッジ10倍に解禁後のアクシデント。

今回の件で資産運用を撤退された方も多く、取引所としての信頼は大きく低下しました。

以前の乱高下でも一度引っかかっていて、数十万の損失を出しました。

今回のは2回目。

国内最大なら、相応のシステム管理をするべきですよね??

そこができてないなら、取引量日本一とか意味ないから。

以前からあった問題点が解決されず放置された結果。

乱高下

価格は126000円から106000円。

2万円以上の価格変動が数分足らずで起きました。しかも発生した時間は5:45からの数分間。

通常ならストップリミットで約定して想定した損失を出して終了なのですが、ロスカットの限界値で強制決済されて約定されました。

ショック

朝起きて3回画面見直したわ!w

運用していた資金の3分の2を損失しました。

 

幸いなことに、今まで利益を定期的に出金していたから助かった・・・。

とりあえず致命傷で済みました。

 

あれ?日本語おかしい?w

 

逆指し値が機能しない以上ビットフライヤーは使えない

逆指し値。いわゆるストップが機能してない。

ということは、口座に入れている資金をあればあるだけ約定しない限り、損失することになります。

 

以前から見やすいチャートやスピーディな入出金。

それからかなり手堅いセキュリティで一目置いていたビットフライヤーだったので、めちゃくちゃ残念。

 

指示だしたとおりに約定しないなら、ギャンブルと同じです。

ギャンブル

セキュリティ強化よりもまずやるべきはサーバーの強化と盤石のサポート体制なはず。

①ビットコイン最高値キャンペーンでしょぼく1000円プレゼントとか。

②レバレッジ10倍キャンペーンで数千円のビットコインプレゼントとかやってる場合じゃない。

 

しかも、いつも実施するタイミングが最悪。

 

①のあと大暴落するし、②のあとのこの事件。

レバレッジ解禁でレバレッジの割合を高くした人も多いはず。

はっきり言って損失を出して被害を受けた方に保証するべきです。

調査してみると他の取引所ではそんなことはなかった

ビットコイン取引所:ZAIF

ZAIF

※ピンクの部分がビットフライヤーでのアクシデントが起きた同時刻です。

ビットコイン取引所:coincheck

コインチェック

※こちらは中心付近がアクシデント時刻

ビットコイン取引所:ビットフライヤー

乱高下

ZAIFとコインチェックは似たようなチャートパターンなのにビットフライヤーだけ異常。

これで、中には数百万円の損失を被った人もいたようです。

信用を失った代償は大きい

大企業からの資金提供を受けながら、このシステムの脆さ。

加えてサポートがメール対応のみで、かつ迅速でない点が致命的です。

 

ちなみに、ビットフライヤーに問い合わせのメールをしてみました。

ボクから書いた内容は、

・早朝のメンテナンス時間付近で異常な価格変動が起きていること。

・それが1,2か月に1回定期的に起きていること。

・通常取引でもストップリミットが約定しない事が多々あること。

・補償などはあるのか?(これは絶対ないとわかってるけど一応)

 

このメールに対しての回答が以下です。

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

この度は弊社でのお取引におきましてご不快の念をお掛けし申し訳ございません。

 

ビットコインの提供価格につきましては、需給バランスを元に各社およびサービス毎に異なります。

ご指摘いただいた件につきまして、弊社での提供価格を確認いたしましたが、正当であることを確認いたしました。

 

お客様へ快適で安心したお取引環境をご提供できるようシステムの強化および増強を優先事項として取り組んでまいります。

迅速なサポート体制を整えるべく改善させていただきます。

なお、本件につきまして取引における補償等はございません。

Re: bitFlyerお問い合わせメール

 

ビットフライヤーのリスク規約というのがあって、ここに書いてあることを総合すると、まぁ当たり前ではあるんですが全て自己責任です

ビットフライヤー ビットコイン取引におけるリスク

今回のケースは他の取引所では起きていない事から、6.のシステムリスクかなぁと思います。

 

ただ、定期的にしかも深夜・早朝の時間でストップリミットが利かない。

ってことは、単純にデイトレするか、ごく低レバレッジでトレードするしかなくなります。

 

基軸通貨のFXでもスベると言って約定がずれることは確かにあるんですが、ここまでひどいのはない。

 

今後ボクはビットフライヤーを使うことはないですし、ブログでもお勧めしない方向に転換していきます。

また、改めてどの取引所が良いのか?に関しては、現在の国内有数の取引所であるZaifとコインチェックで検討してみようと思います。

 

オススメできる取引所が見つかれば、また記事にしますね!

 

ちくしょう!●●●万円かえせ!w(遠吠え・・)orz

【追記】3月10日メール配信が来ました。サーバー速度改善とメンテナンス後方式の改定。

これはヤバいな。と思ったんでしょうね。仕様を改善してきました。

  いつもbitFlyerをご利用頂きましてありがとうございます。

新サービスLightning Futures及びサーバー速度改善に関してお知らせいたします。

 

Lightning Futuresに関するお知らせ】

1. 来週リリース予定!定期メンテナンス後の売買における始値算出に板寄せ方式を採用いたします!

板寄せ方式は売注文と買注文を規定の優先順位に従って順次対当させながら数量的に合致する価格を求め、当該価格を単一の約定価格として売買を成立させる方法です。

定期メンテナンス後の始値を決定する場合、Lightningでは売・買注文が交錯し、買注文より低い値段の売注文や売注文より高い値段の買注文、成行の売・買注文が発注されています。上記の状況で単一の約定価格(始値)を求めるために板寄せ方式が適用されます。

尚、始値が決定されるまでの注文は(定期メンテナンス前に発注された注文含めて)すべて同時に発注されたものとみなします。

 

2. 近日リリース予定!bitFlyer Lightningに新しいFutures取引板が登場!

新たに満期の定められたレバレッジ取引のできるFutures取引板を導入予定です。近日中のリリースを予定しております。リリース当初の新規板における満期は4月28日(金)を予定しております。

※現行のLightning FXサービスは継続します。

 

Futures取引板において建玉は満期までであれば反対売買による差金決済を行うことで建玉を解消できます。満期までに差金決済を行わなかった場合、建玉は満期に決定する清算値(SQ)で自動的に差金決済されます。 清算値(SQ)は、ビットコイン現物板の満期日の決められた時間における板寄せによる一本値で決められます。

 

3. Lightning FXでは現引・現渡が可能!

Lightning FXでは現引・現渡を実施いたします。

(Lightinig FX取引ルールの4.注文 (2)取引の種類 2.決済の内容が変更になります。 反対売買による差金決済及び現引・現渡が可能となります。)

 

現引・現渡による決済は1回につき1BTC以上100BTC以下に限りお受けしております。現引・現渡による決済は1週間に1度までとさせていただきます。

ご要望はお問合せフォームよりお知らせください。手数料は弊社より手順等詳細のご案内をお送りした日の翌営業日に決まります。計算日における弊社任意時点のLightning FX板の加重平均約定価格 x 建玉数量 x 20%で算出した金額となります。 なお、現引・現渡申し込み後のキャンセルは承っておりません。

 

【サーバー速度改善に関するお知らせ】

下記のとおりサーバー速度改善を実施いたしました。

・お客様数の増加に伴いサーバーを増強いたしました。

・0.001BTC等の小さな数量の注文が一度に約定しサーバー負荷が高まった状態でのサーバーレスポンスを改善いたしました。

・APIでの注文を受け付ける際の内部構造を見直しサーバーレスポンス全体のパフォーマンスを改善いたしました。

・板のTicker(最新板情報)配信のロジックを変更しパフォーマンスを改善いたしました。

改善前に損害を被った方への補てんをしてほしいところですよ。。ホント。