深夜の道路工事がうるさい時の対処法


睡眠を妨げる深夜の道路工事はちゃんと声を上げよう

こんにちは!ねぎまです。

ボクの自宅付近でここ数日なんですけど、連日道路工事が行われています。

舗装工事だから、コンクリはがして、張り替えて・・。

ドガガガガッ!ズドドドドド!

ホントきついです。

しかも、なぜかこれから寝ようとする21時から0時すぎあたりで工事してるので、寝られないし寝ても起きちゃう。

グルァ!うるさいんじゃあ! って叫びたい。

まぁでも、頭ごなしに怒ったところでどうしようもない。

が、しかしおとなしく耐えるのもムリっす。子供も寝られないし。

ということで、さっそく行動して対策を施した。

深夜の道路工事に迷惑している朝活帯のみなさんに是非役立ててほしい体験記を書いてみました。

※音うるさいんで注意です。

こんな感じっす。

道路は公共のものだから、ボクも使わせてもらってます。

だもんで、多少のことなら我慢したい。

でも、寝不足で仕事にも差し支えるし、子供も寝れないし・・。ってことで行動しましたよん。

 

ホントこれ。

道路工事の苦情は、言うべき相手を考える

工事現場で工事をしている人に、個人レベルで直接言ってもダメ。

工事現場の人も「すみません・・。」って謝るだけで、どうしようもない。し、それはそれで工事の邪魔です。

 

さらに工事現場の人も騒音のクレームが出るってわかってやってるから、かなりピリピリしてる。

ボクが、夜に問い合わせ先を確認しようと看板を確認しに行ったとき、

ドンっ!

と現場の人とすれ違いざまにぶつかりました。でも、完全無視されました。キーッ!

ボクも避けきれなかったから悪いかもしれないけど、さすがにね。

道路工事

ってことで、

受注側ではなくて、発注したところに問い合わせしましょう。

工事現場には必ず立て看板があると思います。

【看板】

工事でご迷惑をおかけいたします。

1月●日~3月●日

(発注業者)●×●× 社

(施工業者)●×●建設

この、発注業者がまぁいわゆる元凶というか、本来の問い合わせ先です。

ボクの場合、今回市道だったので市役所でした。

うおー!週末だから終わってるやーん。orz

っていうことで、ボクらの最後に頼るべきスーパーお助けマンにお願いすることにしました。

警察にお願いする

警察

違反をすると怖いお巡りさんですが、困ったときはやっぱり的確で頼りになります。

管轄の警察署に聞いてみたら、すぐ見回って状況を確認してきてくれる。とのこと。

 

補足なんですが、道路工事について簡単に説明すると、

工事は公共事業なので、一個人の声でどうこうできるものじゃあありません。

現場の人を怒鳴りつけてもただのクレーマーってことは抑えておいてください。

 

で、大抵の場合、道路工事に関しては市とか県が建設関係の会社に注文を出して工事を依頼。

同時に工事する時間を指定しています。

 

深夜に道路工事をしているケースは、その発注者である県や市が「渋滞を避けたいから夜やってください」とお願いしているんです。

でも、市の職員が第三者目線でデータとか慣例をもとに指示だしてるだけなんで、現地の状況わかってない場合がありそうですよね。

 

じゃなきゃこんなに深夜の道路工事に迷惑してる人いるのに、渋滞回避優先にしないですから。

都内の首都高とかならまだわかりますけど、今回のボクの場合市道ですからね。

 

一応すぐ国道につながる道ではあるけど、混雑するのはせいぜい通勤帰宅時の夕刻くらい。

昼間にやらない理由がわかんないんです。

 

で、お巡りさん。

ホントにすぐ行ってくれて、30分くらいで現地状況確認して電話連絡を入れてくれました。

おまわりさん「この現場についての工事は今日が最終日のようです。騒音について現場監督さんには苦情があった旨伝えておきましたよ」

と。ホント感謝です!

しかも、その連絡があったころからアスファルトを叩くガガガガガッ!という音も少なくなり静かになりました。
まぁちょうど終わったのかもしれないけど。

どうにもならないときには、あくまで一時的な抑制ですけれど、警察にお願いするのも一つの方法としてアリです。

発注元にはしっかりと連絡を入れておこう

市役所

後日、市役所にも連絡を入れようと思います。

とりあえず昼間スイスイ通れる住宅街の市道を、わざわざ夜やる理由を聞いてみたい。

もう苦情っていうか、興味に近い。

 

ボクが改めて思うのは、苦しんでいながらもやっぱり声を上げられず我慢している人が圧倒的に多いってこと。

あれだけ騒音でてるのに、まず気づかない人はいないだろうから。

一人ひとりの声が大きな力になるのは選挙と同じなんで、耐えがたいレベルなら問い合わせしてみてくださいね、