起業で失敗するのは当たり前

失敗するのは当たり前

ボクは全面的に脱サラしてみんながみんな自分の力で稼ぐことを応援しています。

失敗を恐れずに突き進んでほしいという思いを込めて今回はこのテーマで行きます!

 

 

 

 

2017年現在、時代の変化に対応できず、既存の一流企業が次々と消えていきます。

2020年にオリンピックが控えているとはいえ、これからも消えていく企業は多く出るでしょう。

 

ただ、ここで一つ抑えておいてほしいのは、不景気だから潰れるのではなくて時代の変化についていけないから潰れる。

という背景を抑えておくことが重要です。

 

潰れる会社は好景気だろうが、不景気だろうが潰れますし。

繰り返しになるけれど、変化に対応できない会社は規模が大きくても今後も潰れていくでしょう。

 

だからこそ、小さくても志高く起業に踏み出してほしいなぁ。と思います。

 

規則正しくロボットのように生きていることに疑問を感じたら、「自分で稼ぐ」という選択肢を加えてください。

 

失敗するのが怖い?起業じゃなくてもいつでもどこでも失敗は起こります。

 

新しいことにトライするぞ!と思い立ったなら、夢や希望、願望とともに不安も多くなりますよね。

「失敗したらどうしよう・・。」 不安は尽きることがないと思います。

 

でも!よく考えてみてください。トライしたら100%成功する事なんて、この世の中にあるんでしょうか?

あったとしても、そう多くはないはずです。

 

更に言うと、別に起業しなくたって生きている限りは永遠に何かしら失敗し続けます。

 

行動したから失敗したのがわかる。

 

では行動しなければ??

 

失敗したのか成功なのかはわかりません。

 

失敗したのか成功なのか。永遠にわからないような生き方が、果たして自分が望む道や希望につながるでしょうか?

 

成功や幸せは、失敗の積み重ねから生まれてくるものだと思います。

だから失敗しない人は、成功しないし幸せになれません。

 

そのうえで、起業する不安にもう一度立ち返ってみてください。

 

失敗しないと成功しないのに、失敗を恐れて行動しない。という選択肢は正しいんでしょうか?

 

失敗の正体って何?

 

失敗の正体って何でしょう?

失敗するということは、行動して動くことができた誇らしい証なんです。

 

何か新しいことに挑戦するときは、必ず壁にぶつかります。

 

未経験なことには、大抵の場合失敗から入りますよね?

でも、それでいいんです。

 

失敗の正体。それは成功への種まきだとボクは思います。

考え続けて、成功するために失敗の種を撒きましょう。

 

本当に怖いのは考えない事・怖くないのは倒産すること

 

失敗は怖くない?じゃあ、本当に怖いものは何なんだろう?

 

本当に怖いのは、考えない事です。これに尽きます。

 

みんな、大なり小なり悩みや問題を抱えてますよね。ひとつひとつ考えることを「どうせ考えても無駄さ。」と心に蓋をして無意識に追いやっていませんか?

表面的なニュースやインターネットの一次情報に惑わされずに、自分の思いに忠実に向き合って行動しましょう。

 

表面的な情報の具体例として、ライフプランがあります。

 

・義務教育を受けて、そのあと、良い高校、良い大学、良い就職先へ進む。

・結婚して、ローンを組んで住宅を買って、子育てに励み、老後を迎える。

 

こんな刷り込みに沿った生き方などは、すでに崩壊しています。

良い学校に行き、良い就職先についてとしても、幸せになれるわけではありません。

 

この現実に気づいている人は、とても多いと思います。その気づきこそ正しい感情だったりするんですね。

 

やり直しは何度でもできる。立ち上がれる

 

そして、起業で倒産することはとても恐ろしいことのようなイメージがありますが、決してそんなわけでもありません。

もちろん責任を果たせない事が出来てしまったり、人の信用を一時的に失うこともあります。

 

でも、それで人生が終わってしまったり、やり直せないなんてことは決してありません。

 

失敗しても何度もリスタートしたアメリカのケンタッキーおじさん。

カーネルサンダースがビジネスで大成功を収めたのは70歳でのことです。

彼はその間、何度も倒産や挫折しそうなトラブルに見舞われましたが、諦めず、挫けず、今では歴史に名を遺す有名実業家の一人です。

 

失敗を恐れない行動力が成功を生む

 

成功のハードルや条件は人によって違いますが、何物をも恐れない行動力こそが成功を生み出します。

行動が成功を生み出すことはみんな同じです。誰一人違いません。

 

失敗は、行動した結果の成果であり本当は結果まで出せた誇らしい行動なんです。

その失敗を次に生かし、失敗の繰り返しからオリジナルの成功法を生み出すことが、最後には成功となって、夢や希望を叶えること。稼ぐことにつながります。