睡眠不足・疲れが取れない原因を7つ挙げてみる。

睡眠不足の原因

こんにちは。長島です。

毎日仕事で忙しいのに睡眠不足で悩まされている。疲れが取れない。

そんな方はいませんか?

そうだとすれば、おそらく生活習慣の乱れによるものがほとんどです。

本来人間は睡眠行動で疲れを取るようにシステムが出来上がっています。普段の生活習慣の中でこのシステムが正常に機能しなくなっている為、睡眠不足を引き起こしています。

以下のようなことをしていませんか?

睡眠不足を引き起こす原因を7つ挙げてみる

・寝てはいるが、浅い眠りで質の悪い睡眠になっている。

いくらしっかり寝ていたとしても、しっかり疲れが取れる良質の睡眠でなければいけません。「深い眠り」ってやつですね。

人は「浅い眠り」と「深い眠り」を交互に繰り返して疲れを取りますが、生活習慣の乱れにより「浅い睡眠」ばかりになると前日以前の

疲れが残るようになり、その結果身体の不調が出て別の病気なども引き起こします。

【原因1】

不安なこと。気になることがあって精神状態が安定していない場合。

気になることがあると、頭の中でグルグルとそればかり考えてしまって眠れないことがあります。

【原因2】

寝る頃までもスマートフォンや他の電子機器(テレビも含む)で強い光を浴びている。

人は夕方過ぎ頃からメラトニンをいう眠気を誘引する物質を体内で作り始めます。電子機器の強い光を見ていると、このメラトニンの分泌がとまります。その為、寝る頃になってもメラトニン生成が十分ではなく眠れない。という状態になります。

【原因3】

寝る1,2時間前に食事をとっている。

人間は食べたものを消化するために食物が体に入ってくると、消化活動を行います。消化活動中は眠りにくくなるため、寝る前に食べている人はこれも原因の一つになります。

【原因4】

慢性的な運動不足。

睡眠は疲れを取るための行動なので、疲れていると深い眠りに入りやすくなります。日中ほとんど動かずデスクワークだけという方は

運動不足が原因で眠れない可能性があります。

【原因5】

2度寝している。

本来眠る時間の夜の時間帯以外でも、昼食後などに眠っていませんか?短時間の睡眠はリフレッシュ効果がありますが、別の時間で1時間以上寝ている場合、眠りのリズムが崩れ夜に眠れなくなります。

【原因6】

長時間眠りすぎている。

8時間などではなく、12時間クラスで寝ている人は眠りすぎです。人間は眠る時間に個人差がありますが、8時間以上は眠りすぎです。

睡眠時間が長くなると全体の眠りの質も浅いものになって逆に疲れが取れない。その結果、また眠る。という悪循環に陥りやすいです。

毎日3,4時間多く眠るということは人生全体で見ても多大な時間の浪費にもなります。

【原因7】

睡眠障害がある。

体に異常がある場合は、生活習慣以前に医療機関で治療を受ける必要があります。強烈な逆らえないほどの眠気が、眠る時間でないのに来る

。もしくは眠ってもすぐ起きてしまう。などの症状があるときには一度病院で審査を受けたほうが治療への近道です。

原因に対する対策

・不安や気がかりな原因を根本的になくす。

生きている以上、みんな大なり小なり悩みを抱えています。大きな悩みを抱えているときは、睡眠をただすこと以前にその悩みを解決することが最優先です。

・眠る時間の前の数時間はスマートフォン他の電子機器等を見ない

すでにスマートフォンをいじるのに慣れてしまっている場合は、「試しに今日1日だけやってみる」くらいの感覚で良いので、

スマホやテレビを見ないときと見るときの違いを体感することが大切です。効果が見られれば、スマホを見るのをやめるクセがつくので

テストしてみると良いです。

・寝る前に食べる場合は食事量を減らす。もしくは食べない

夜眠る前は、そもそも活動しない時間なのでエネルギーは必要最低限以外のエネルギーはいりません。特にこのケースの場合は太る原因にもなります。

消化活動を早めるために極力食事の量を減らすか、食べないことで食事よりも睡眠を優先しましょう。

「食事をして疲れを取る」のではなく、「睡眠で疲れを取る」という理解がポイントです。

・運動は短時間のストレッチや筋トレがgood! マラソンは△

運動不足の方がよくジョギングを取り入れますが、あれはあまりお勧めしません。ジョギングは長時間体を動かすので、それなりの基礎知識がないと体を痛めたり、長時間拘束されるので長続きしないことが多いです。

短時間のストレッチや筋トレのほうが5分から10分の手軽な時間で取り組めて、一度覚えればルーチンワークなので続きやすいです。

運動は「効果よりも継続できるか?」が超重要ですよ!

・昼間眠くなる人は糖分取りすぎの可能性を疑う。

炭水化物・糖質を取りすぎると血糖値が大きく乱れます。その為、インスリンが血糖値を一定に収めるため活発になりますが、

許容量を超えるとインスリンの代謝能力を超えて糖質を吸収できなくなり、結果、細胞全体にエネルギーが満ちた状態から急激にエネルギー不足になります。その結果、強烈な眠気やだるさを引き起こします。

昼食後に眠くなり2度寝した結果、夜眠れない人は食事量を抑えましょう。食べすぎです。

リラックスに効果があるオススメアイテムを厳選しました。

上の方法で自力改善できない時には一時的に快眠アイテムを使ってみるのも手です。

【ぐっすりずむ】サプリメント

質の良い睡眠と、精神安定に重点を置いたテアニン配合のサプリメントです。

不安の種がどうしても取れない場合は、栄養サポートで睡眠機能を助けることも必要です。

摂取することで一段高いリラックス状態にもっていくことを目的とします。


【快眠枕】

生活習慣や病気とはまた別に、姿勢が悪くて浅い眠りになってしまう。ということも多いです。

ボクも「枕なんて寝るだけなんだし、安いのでいいじゃん」と、ショッピングモールの安い枕を使っていましたが、

枕をしっかり選んで切り替えたら、目覚めがかなりすっきりした経験があります。

枕は個人の体格などで、どれが合うかは人それぞれなので色々試してみてください。

話題の六角枕

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

【スリーパードクターズピロー】

【運動・トレーニングジム】

ジムに通うのも難しいという人に、オンラインでジムトレーナーからアドバイスを受けられるオンラインパーソナルジムトレーニングが誕生しました。

通信会社のソネットの提供なので、料金もルーズナブル。手軽に強制力をある程度つけたい方にはオススメできます。

基本は上に挙げた生活習慣を正すことが優先です。お金もかからないですしね。笑

でも、どうしてもきっかけを作りたい。とか、自分一人だとどうしても挫折してしまう場合はアイテムを毎日使うことで、当たり前のことにしてしまうとか、こちらのオンラインジムなどで「お金も払ってるし。」という気持ちである程度コントロールできます。

何か病気の症状が出ていない限りは、生活習慣と食生活の見直しで不眠は改善しますよ!