転職したらわかった!ダメな企業 ヤバい企業

転職して分かったダメな企業

転職をいっぱいしてみたらどうなったのか?

こんにちは。長島です。

ボクいまさらですが、転職王です。 ここ強調していいのか?

いいんです! 今も昔も転職は正義と思ってる人間ですから。

もちろん信頼できる人たちが動かしてる夢や希望が持てる会社に出会えたならそれはラッキー!素直に頑張っていけばいいと思います。

でも、現実はそう簡単にいかない。

横の人間関係やら上下関係。

給与待遇や休日待遇。

時間の拘束

他社との付き合いで起こる諸問題。

いろんなことを折り合いつけてやっていかなければいけないので、スパッと相性が合うことのほうが少ない現実を見てきました。

転職を繰り返して理想を追い求めましたら、ついに見つけること叶わず「自分の道は自分で作るしかない!」と会社を作った次第です。

いっぱい面接に行って入社したからこそわかる、こんな会社は入社しちゃダメ!

たくさん転職したので、採用面接から退社までボクのように放浪者状態にならない為にも転職を考える人たちに反面教師になりたいと思います!

ボクはいい仕事に出会えないんだから転職するのあたりまえじゃん!って感覚でいたんですが、世間は冷たい反応のようですもんね。

ぜひボクの失敗経験を生かしてください!

その1.二つ返事で採用される

ボクじゃなくても誰でもいいから入ってほいいパターンがこれです。

転職活動中の状況だと早く仕事を決めたい。という思いから良い返事を頂くと、よく考えずに即答してしまう人がいますが、これはNG

この不況下で仕事になかなかつけず苦労している人もいるから、気持ちはわかりますが、入社した後にボクは大変な思いをしました。

【いやそれ面接のときに確認してよ!】の巻

どんなことがあったかというと、CAD未経験でもokな製図のお仕事。小さな会社でどうやらCAD担当が結構なご年配の社員さん。

もう数年で退職というところまできて人材育成と引継ぎを考えたようです。未経験OKだったということもあり、ボクはすぐに応募し面接の機会を頂きました。

すでに人材育成を会社としてミスしてるわけですが、※(ベテラン有資格者の仕事の引継ぎが3年限定でしかもCAD未経験者とかそもそも無理)

入社前の面接段階でボクが気づくはずもありません。

「あ、じゃあキミ来週から来れる?」ろくに話もしてないんですが、すぐに仕事にありつけるってことで入社を快諾しました。

入社した後はひたすら製図の読み込みと、それをCADでトレースする作業の繰り返し。全く初めてなので操作一つとってもおぼつきません。

でも、教えていただくボクの育成係であるベテラン先輩社員さん。

イメージしてみてください。定年間際の、コントに出てきそうなとぼけたおじいさんを。

~初歩図面を製図~

ベテランおじいさん社員「あ、うんうん。長島君。スジがいいね!」「すぐ仕事できるようになるよ!」

ボク「お!ホントですか?ありがとうございます!」

これが地獄の始まりだとは夢にも思わなかったのである、、、、、。

入社365日目。

~初歩図面を製図~

ベテランおじいさん社員「あ、うんうん。長島君。スジがいいね!」「すぐ仕事できるようになるよ!」

ボク「・・・・・・。」

1年間も同じような図面1枚をトレースし続けたのである。

ベテランおじいさん社員の定年まで。あと2年、、、。

もちろん2か月目、3か月目には違和感に気づき、他の社員さんに相談しましたが担当が違うのでアレコレ言えないとのこと。

申し訳ないですけれど、気力も尽きて惰性で出勤してました。ハイ。

1年たったあとに、社長登場。ボクの面接をしたのもこの社長です。

社長「長島君どうだい?そろそろ図面も書けるようになったかな」

ボク「いや、社長ボクこの1年間初歩の図面のトレースしかしてないですよ!これじゃ上達なんてできるわけないです!」

社長「なんだって!?(ベテラン社員)君が教えてるんだからそろそろできてもいいだろう?工業科の学校出てるのにどうして?」

ボク「いや。普通科の高校卒ですけど、、。」

まとめると、社長は面接の時点で工業学校などで経験を積んでいる製図の勉強をした未経験者がほしかったらしく、面接時に確認もせずに

ボクを即採用としてしまっていたんです。何度も「全く経験がないんですけれどいいですか?」って聞いたんだけどなぁ。

その2.やたら自社自慢をかませてくる

「うちの会社知らないなんてもぐりだよ!」

「今急成長の会社だからさ。今頑張れば高給取りになれるんじゃない?」

「入ったらさ。雇って頂いているっていう気持ちを忘れたらだめだ。」

スタートから終わりまで自慢してました。今振り返るとなんであんな会社入ったんだろう・・・。

入社して1日で辞めました。苦い経験だったな。銀行通帳作り損だわ。

なんだかわからないけど、社員からアルバイトからみんな洗脳されたようになってるんです。

1日目の仕事が終わったら、先輩社員にこんなこと言われました。

先輩社員「ナガシマァ!あしたもくるよなぁ、、。」

ボク「・・・ハイ」

先輩社員「元気ないなぁ・・。まさかこないつもりじゃあないよなぁ!」

ボク「そんなことないですよ!」(内心そんな気ありあり)

先輩社員「じゃあ明日もシフト組んどくから、来いよ!」

先輩社員「うちの会社ぁすげーからさ。ビックになれるんだよねぇ。頑張ると。」

もうなんか色々吹っ飛んじゃってました。

パートのママさんとかも「きょういい仕事しましたね!明日もバリバリだ!」とかなんとか・・。

まだここの会社健在なんですよね。※住まいの近所

いまどうなってるんだろ・・。

3.やたらと細かく情報を取られる

面接時にふつうとは違う違和感を感じたのは、やたらと情報をとってくること。

朝起きる時間とか、彼女いるか?とかプライベートな部分も突っ込んでくる。

「うちの会社きっちりしてるからね、、、。じゃあまた一次採用の場合は連絡しますね。」

と、採用まで面談2回方式。しっかり見れるんだなぁ。と良い会社じゃあないの!と期待に胸をふくらまして、やる気モードに入ってました。

数日後、2次面接へ進み見事採用。

この時に気づけばよかった、、、。部屋の監視カメラに。

・年次の目標計画

・月次の目標計画

・その日の朝の計画票提出

・終業後の報告書作成

・実績確認を上司に電話報告

・お客様に接するときは監視カメラが回っていて逐一接客を見られ、あとで叱咤される。

生きた心地がしません。マジで。

計画たててるか怒られてるか。

ボクはこの会社ではなんだか営業成績も良くて3年もちましたが(よくもったな)。3年で辞めました。というか会社が傾きました。

理由は監視システムにお金使いすぎて。笑えないでしょ、、。笑

どうでしたか?強烈なのを上から順に書いてみたので、「そんなことあるんか!?」ってなるかもしれませんが

この物語はノンフィクションであり、実在の人物・団体とは全部関係があり事実です。

名前は挙げてないですが。

【重要なまとめ】

採用面接のときは、必ずその会社の社風がにじみ出ます。

採用される側ということで下手にでてしまいがちですが、しっかりと事前準備をして「本当にこの会社に自分は勤めてよいのか?」をしつこいくらい確認してください。ちょっと疑問に思うことがあれば遠慮なく辞退する勇気も時には必要ですよ。

就職できない期間は長引くと良くないですが、よくない会社で働くことになればそれこそ人生を無駄にしちゃうかもしれないですから。

事前準備のコツ1

上場企業であれば会社四季報(会社の株式情報)を見て業績の推移をみる。これが下降傾向。悪化していれば今一度確認してみてください。

勤めている間に倒産したらシャレにならないですし、今後の自分のお給料にも直結してきます。

業績が良い会社は社風がよく、快適に仕事しやすい傾向にありますし逆は本当に真逆の傾向にあります。

儲かっている会社はだいたい儲かるべくして儲かっている。って印象を受けますね。

事前準備のコツ2

インターネットでその会社の情報を調べる。

すでにその会社で務めている人からの情報提供があるかもしれません。会社名を検索して調べてみましょう。

得てして悪い評判が書かれていることが多いので、その会社の情報が拾えなければOK =悪い噂はない。という認識でいいかなーと思います。

面接時のコツ

面接官の話しぶり。質問の仕方。面接部屋の雰囲気をよくみてみましょう。汚い部屋か奇麗な部屋か。面接官の身だしなみ。会話の内容。

自分の直感も信じて「自分が試されている」というより自分が面接官を試している。くらいの感覚で挑みましょう。

会社の情報をどんどん引き出すために質問しまくってください。

入るかどうかを決めるのは会社じゃなくて自分です。

 

いかがですか?たくさん面接しまくってもう終わった事なので、けっこう強気に書いてます。

ボクがなぜ会社勤めに失敗していたかというと「下手に出て会社を選んでいたから」にほかなりません。

勤めさせていただいてありがとうございます。の精神ばかりしかなかったからです。

それから、お金がないことの恐怖がとてもこわかったからかもしれませんね。

今はたぶん全くお金が無くなっても、困るには困りますが死にはしないので何とかなると思っていますし、会社は自分が選ぶものだと思えるようになってから、今後会社勤めになったとしたら良い会社に出会えそうな気がします。

転職される・就職される皆さん!是非良い会社と巡り合って良い仕事をしてください。

もちろん職を変えることは自分を試す機会だからすごく良いことだし、

独立して自分の仕事は自分で作ってもいいんです。

我慢しながらお金を稼ぐのだけは良いことないので、無理しないでくださいね。特には退くことも大切でしょう!